ジュンジュンで佐藤征史

ううん

いやあ、アカンね。ようやっと、2-0でアウエーゴールを二つゲットして、これで、HOMEの2戦視線は、ラクラク競り合えることができると思ったが、そこから、3失点して、大逆襲ゆがみですからね。正しく、2戦視線のHOMEで、1-0、2-1のワンポイント差達成で有効なんで、たいして酷い状況ではありませんが、何とか、2-0まで行ったのだから、せめて、勝たないとね。勿体ないよね。3種目視線を取って、恋人の戦闘志をそぐこともできたし、アウエーゴールを二つ取り去ることができたのだから、非常に勿体ないレースでしたね。こういう2種目差案内の状態で、勝つために、守備重視するのか、それとも、3種目差にするために、攻撃するのか、ちゃんとしなかったのも、僅かでしたし、山田暢久といった、坪井が、被害で真っ最中敗北してしまった、事故ありましたが、それにしても、逆襲まで変わることに、なるとはね。ちょっと天王山予定の見逃しなのか、恋人を称えるのか、どうして??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です